中古ドメインで注意しなくてはならないのが、中国系の被リンクがついているドメインはペナルティーを受けることが多いので注意しましょう。被リンク対策する際にどのような中古ドメインがよいのかご紹介します。

被リンク対策するには中国系の中古ドメインには注意

様々な観点から見た場合、中国系のウェブサービスなどを利用するのは避けるべきと言われる事が多いです。
こうした中国系を敬遠する動きは中古ドメインにも見て取れます。
具体的にはバックリンクに中国に関する被リンクが付いているものという事になりますが、たとえページランクが優れているものに決めても一気に下がってしまう事が多いです。
一般的にウェブサイトというのは健全な中古ドメインでも稼動していなかったり、動きが鈍い場合はランクが下がってしまうものです。
明瞭な頻度は差異があるものの、およそ半年に一度のペースの更新でも下がっていきます。
しかし、中国の場合はランクが4から1に急落することが珍しくありません。
高い頻度で更新作業に従事していても起こるので、いかに先入観だけで毛嫌いされているのかがわかります。
また、中国と言えばキャラクターやロゴマークなどありとあらゆる物の偽物が出回っているイメージがありますが、中古ドメインに関しても偽物が存在し堂々と売っているサイトがあります。
偽物なので本来の働きが行われない上に恩恵も得られないという踏んだり蹴ったりな状況になってしまいます。
しかも、正式な中古ドメインを用いていないという事で騙されてしまった購入者側もとばっちりを受けてしまう事になります。
そして、かつての利用者が中国人であった事が判明した時も、その中古ドメインには手を出すべきではありません。
実際にあった事例として、過去にコピー品を大量に販売してビジネスをしていた悪徳業者が採用していたドメインが中古ドメインとして出回る事があるのです。
そのような中古ドメインを使うと、言わずもがな同様に悪徳業者だと思い込まれてしまい危険です。