中古ドメインで注意しなくてはならないのが、中国系の被リンクがついているドメインはペナルティーを受けることが多いので注意しましょう。被リンク対策する際にどのような中古ドメインがよいのかご紹介します。

中古ドメインの特典は既にクロールされていること

サイトを開設するにはドメインが必要です。ドメインはサイトの住所となるものです。住所がなければその場所に行くことはできません。すべてのサイトは固有のドメインを持っており、重複したものはありません。数多あるインターネットのサイトですが、そのすべてが運営されているわけではありません。更新が止まり、放置されているドメインも存在します。そうした過去に使用されていたドメインのことを中古ドメインと言います。中古ドメインは過去に使われていたデータをある程度引き継げるという特典があるので、アフィリエイトや商業目的でサイトを運営している人にはとても有利になることがあります。

中古ドメインは過去に検索ソフトからクロールされているので、信頼度が高いと判断されることがあります。信頼度が高いと検索時に上位に表示されるようになります。商業目的では多くの人に見てもらうことが重要になるので、とても大切なことです。

ただし、全く表示されないということも起こります。これは使っている中古ドメインが不正なサイトを運営していたと判定されてしまっており、ペナルティを受けている状態となります。中古ドメインの中にはそうしたものも交じっているので、購入するときは注意が必要です。また、中古ドメインは使い方を誤るとサイトを削除されてしまうことがあります。不正利用と判定される可能性が新規登録のドメインよりも高いので、その点にも注意が必要です。

サイトを繁盛させるには常に最新の情報を提供し続ける必要があります。多くの人にとってメリットがあるサイトにしていかなければなりません。中古ドメインはあくまでスタートダッシュにしかならず、継続していくには常に努力が必要です。