中古ドメインで注意しなくてはならないのが、中国系の被リンクがついているドメインはペナルティーを受けることが多いので注意しましょう。被リンク対策する際にどのような中古ドメインがよいのかご紹介します。

中古ドメインの読み方とポート開放の設定

中古ドメインを効果的に利用するには、そのドメインの読み方が正確に伝わるようにネットワークのポート開放を行うと効果が有ると言われています。ドメイン名を検索する際にはその文字列をデータとして送信し、その文字列を検索ソフトが検索することになりますが、その際に検索しやすい文字列を選ぶことで応答性が早まり、より検索エンジンに対して応答が速くなるというメリットがあります。又、ドメイン名の検索を行う際に検索に必要な通信ポートが開放されていないと検索ができずに、検索エンジンが検索できないということになるため、ドメイン名検索に必要なポートが開放されている必要があるのです。

インターネット上においては通常このドメイン名検索に必要なポートは解放されており、基本的にはドメイン検索ができるようになっているため特に意識する必要はありませんが、自分のネットワーク内にサーバーを立てる場合には通常の通信ポートの他にドメイン検索を行う為に必要な通信ポートを開放しておかないと、ドメインを検索できずにせっかく中古ドメインを使用しても祖に効果を発揮できないことになります。中古ドメインの中にはプロバイダー側でドメインに関するDNSサーバーを立てることができず、自分で構築しなければならないものも有り、この場合にはドメイン検索のポートが開放されていないとDNS情報の検索ができないために目的のサーバーにアクセスすることができなくなってしまうのです。

自分のネットワーク上にDNSを立てる場合には、一般的にはインターネットからアクセスを許さないことが多いため、ポート開放は行われていないことが多いものです。その為、自分でルーターなどの設定を変更し、ポート開放を行うことが必要になります。