中古ドメインで注意しなくてはならないのが、中国系の被リンクがついているドメインはペナルティーを受けることが多いので注意しましょう。被リンク対策する際にどのような中古ドメインがよいのかご紹介します。

2016年11月の記事一覧

中古ドメインで上手に被リンク対策する方法

中古ドメインを使って被リンク対策をするときには、ドメインのクオリティに合わせて、リンクを送るサイトを考えるべきでしょう。
例えば「A~E」までのランク付けをしたとして、サイト△にはAランクのものを、サイト□にはDランクのものを送るという風に強弱をつけるほうが良いといわれています。
というのもレッドオーシャンというマーケットなのか、ブルーオーシャンなのかによって効果が大きく変わるからです。
ブルーオーシャンのマーケットならそれほどリンク効果が高くなくても、なんとか対応できます。
しかしレッドオーシャンのマーケットでは競合も強く、カンタンに上位表示できるものではありません。
そのように考えれば、狙うキーワードやジャンルによって中古ドメインの質にも考慮しないといけなくなるわけです。
特にカードローンやFXといった高単価のアフィリエイトを狙う方やブログで上位表示を目指す方はこれらのテクニックは必須でしょう。
上手に中古ドメインを活用してリンクを送れば、リンク効果も高いですし、新規ドメイン同士でリンクを送る価値を考えれば非常に大きな価値に繋がります。
上手にこれらを使い分けることでマネタイズに繋がるというわけですね。
上位表示にはさまざまなアルゴリズムがあり、バックリンクの効果やコンテンツなどが挙げられます。
過剰なリンクはペンギンアップデート等で飛ぶようになったので本数やアンカーテキストには気をつける必要があるでしょう。
これらのポイントを抑えつつ、中古ドメインを使ってリンクを送っていくのがおすすめです。
テキストを分散させたり、キーワードで集中させたりと工夫を凝らしていれば、効果のあるリンクとなるでしょう。

続きを読む

被リンク数が多い中古ドメインの見分け方

様々な中古ドメインがあるなかでリンクの質や量は、ドメインを選ぶ大きな判断材料です。
ahrefsやhanasakiganiというツールを使って確認するのもよいですが、できることならすぐに分かるほうがうれしいですよね。
上記のツールを使えば、被リンク数やドメインのランク、アンカーテキストがわかるのでしっかりと調べたい方にはおすすめです。
ただある程度絞りたいという方は公式サイトであるかどうかを調べましょう。
数あるドメインの中にはアフィリエイトサイトやバックリンクサイトとして、運用されていた可能性があります。
そのようなサイトはリンク効果も薄く、あまり効果的とはいえません。
サイトを作る中で公式サイトのようなドメインから被リンクをもらっているとなれば効果は大きいでしょうし、中古ドメインをメインサイトとして運用する場合も効果は大きいといえます。
できることなら教育関連や公共事業のドメイン・衣類等の公式サイトがおすすめです。
これらのドメインの特長としてドメイン名でリンクをもらっていることが多いと考えられます。
たとえば自分自身がリンクを送るときに「中古ドメイン」とリンクは送らないですよね。サイト名やURLでリンクを送るはずです。
そのようなサイトに絞ることで、ある程度の被リンク数があり、質の高いサイトを選べるというわけです。
ツールの中で言えばahrefsが圧倒的におすすめ。
リンク本数やアンカーテキストまで詳しく掲載していますし、情報のスピードも比較的早く、情報の信用度も高いでしょう。
独自のクローラーで判断しているとのことのなので、グーグルのアップデートにも強いサイトが見つかるはずです。
上手に活用して、よりよい中古ドメインをみつけてくださいね。

続きを読む