中古ドメインで注意しなくてはならないのが、中国系の被リンクがついているドメインはペナルティーを受けることが多いので注意しましょう。被リンク対策する際にどのような中古ドメインがよいのかご紹介します。

2017年08月の記事一覧

中古ドメインで検索順位が上昇する重要性を理解しよう

これまで運営されてきたサイトには、アクセスしてきた読者や、そのサイトにリンクを張っている別サイトといった多くの関係者が絡んでいます。

しかし、何らかの事情で人気があるサイトを運営できなくなった場合、中古ドメインとして売り出す場合があるのです。

インターネット上ではドメインが住所の役割を果たしているので、中古ドメインを入手することで、それまでの信用と被リンク、そしてアクセス数による評価を引き継げます。

特に、インターネットの検索で上位表示されやすくなる効果は大きく、例えば開業したばかりのネットショップであっても老舗並みの順位になる可能性があるのが大きなメリットです。

中古ドメインの重要性を理解していれば、少しの初期投資によって購入することで、大きな売上につなげられます。

良質な中古ドメインについては市場でも人気が高く、オークションによってどんどん値段がつり上げられていく事例が少なくありません。

自分で新しいドメインを購入した場合では、無名の状態からコツコツと更新していって、年間単位で頑張っていくことでようやく検索における順位が改善されていきます。

けれども、すでに検索エンジンから一定の評価を受けている中古ドメインは、購入した時点でそういった積み重ねを済ませている状態です。

上手く使いこなせば頼りになる中古ドメインですが、これまでのサイトとは無関係のジャンルで運営するなどの誤った対応をしてしまうと、せっかくの効果がなくなってしまうので注意しましょう。

過去に検索エンジンからペナルティを受けた中古ドメインについても、心当たりがない理由で低い評価にされてしまう恐れがあるので、これまでの履歴をしっかり調べてから購入するのが鉄則です。

続きを読む